『群系』 (文芸誌)ホームページ 


同人の論文

リストには、論文以外に、【書評】・コラム類も含んでいます。テーマを掲出するためです。

他の方の論文一覧は、以下をクリック下さい。


             前のページ 次のページ 親ページへ


関塚 誠氏  (工事中 以下は旧版のものです)


No. 論文題名 //論文執筆者名 //掲載誌名
1 ラディゲの効用―三島由紀夫『ラディゲの死』と大岡昇平『武蔵野夫人』//関塚誠//群系 
2 江国香織・辻仁成『冷静と情熱のあいだ』―簡素な言葉で紡がれる物語//関塚誠//群系 
3 野田康文著『大岡昇平の創作方法―『俘虜記』『野火』『武蔵野夫人』』//関塚誠//昭和文学研究 
4 特集・昭和のあゆみ 大岡昇平『俘虜記』の先行作品―『西部戦線異状なし』と『黙示録の四騎士』//関塚誠//群系 
5 大岡昇平『レイテ戦記』ノート―「遺骨」に導かれた想念//関塚誠//群系 
6 特集:森鴎外の問題系 森鴎外と大岡昇平―「史伝」に「構成力」を見る//関塚誠//国文学 
7 池沢夏樹『スティル・ライフ』―進歩という観念から免れた世界観//関塚誠//群系 
8 大岡昇平、「和歌山」の領域―故郷という「物語」//関塚誠//大学院諸究(群馬県立女子大学) 
9 久世光彦『女神』―文学作品に先行する作家伝説//関塚誠//群系 
10 坪内祐三著『慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り』//関塚誠//群系 
11 大村彦次郎著『文壇挽歌物語』//関塚誠//群系 
12 大岡昇平と二つの「和歌山」―『幼年』『少年』と『母』//関塚誠//芸術至上主義文芸 
13 ふたつの「新時代」―大岡昇平『少年』//関塚誠//日文諸究 
14 大岡昇平『酸素』論―昭和初期を描く歴史小説//関塚誠//群馬県立女子大学国文学研究 
15 大岡昇平『堺港攘夷始末』論―発砲場面、土佐側の正当性//関塚誠//言語と文芸 
16 大岡昇平『野火』試論(一)―幻想文学として読む//関塚誠//群系 
17 大岡昇平『酸素』未完の問題―仮説、避け得た対米戦//関塚誠//日文諸究 
18 「『堺事件』論争」論文リスト―大岡昇平対鴎外研究者//関塚誠//日文諸究 
19 夏目漱石『薤露行』論争―大岡昇平と江藤淳の見解//関塚誠//群馬県立女子大学国文学研究 
20 大岡昇平『将門記』の位置―「大岡史観」への試論//関塚誠//群系 
21 大岡昇平と『堺事件』論争―大岡側の論理//関塚誠//言語と文芸 
22 大岡昇平の『明暗』評―カタストロフと道行//関塚誠//日文諸究 
23 大岡昇平『少年』論(二)―漱石・震災・スノッブ 上昇志向//関塚誠//群系 
24 大岡昇平とジャーナリズム―調和(バランス)の文学//関塚誠//日文諸究 
25 大岡昇平『出征』論―戦争、共犯の意識//関塚誠//群系 
26 大岡昇平『少年』論―母・神・マリヤ//関塚誠//群系 
27 大岡昇平『花影』論―恋の桜//関塚誠//群系 




  トップへ   前のページ  次のページ  親ページへ