『群系』 (文芸誌)ホームページ 


同人の論文

リストには、論文以外に、【書評】・コラム類も含んでいます。テーマを掲出するためです。

他の方の論文一覧は、以下をクリック下さい。


             前のページ 次のページ 親ページへ



高比良直美氏  (工事中 以下は旧版のものです)

No. 論文題名 //論文執筆者名 //掲載誌名
1 特集・昭和のあゆみ 大城立裕「カクテル・パーティー」を中心として―沖縄文学を岡本恵徳氏の著書から考える//高比良直美//群系 
2 島尾敏雄と「島の文学」―お伽噺の舞台から生活の舞台へ//高比良直美//芸術至上主義文芸 
3 D・H・ロレンス 「チャタレイ夫人の恋人」(英)―発禁前の伊藤整訳を読む//高比良直美//群系 
4 島尾敏雄『死の棘』と印旛沼―遠望する沼と現前の沼//高比良直美//群系 
5 川端康成文学碑―第四回 奈良県桜井市//高比良直美//川端文学への視界 
6 中野重治と故郷の仏教風土―もう一つの自我を育んだもの//高比良直美//群系 
7 岡本恵徳・高橋敏夫編『沖縄文学選 日本文学のエッジからの問い』を読む//高比良直美//群系 
8 中野重治と故郷の寺―「村の家」を中心に//高比良直美//群系 
9 川端康成文学碑―第三回宮崎県宮崎市橘公園//高比良直美//川端文学への視界 
10 胡頽子盗人//高比良直美//論集川端康成―掌の小説 
11 今東光・横光利一・川端康成作家の運命//高比良直美//群系 
12 川端康成と今東光―生い立ち そして、『新思潮』から『文芸時代』まで//高比良直美//川端文学への視界 
13 《シンポジウム》 失われたものへの思い―「水月」を中心として//高比良直美//川端文学への視界 
14 小田切進・川端香男里編集『没後20年川端康成展生涯と芸術−「美しい日本の私」図録」//高比良直美//川端文学への視界 
15 上総興津と川端康成//高比良直美//川端文学への視界 
16 高比良直美著『椿咲く丘の町―島尾敏雄「死の棘」と佐倉』について//永野悟//群系 
17 失なわれた時空間への思い―「水月」「弓浦市」「二人」//高比良直美//川端文学への視界 
18 小特集・村上春樹 意識の反転・・・・・・村上春樹「鏡」//高比良直美//群系 

追加分

19

「死の棘」と「死の棘」日記――詳しい検証(「さくら日記」平成13)

20

故郷観(「川端文学の世界5その思想」勉誠出版平成11)

21

川端康成文学碑第七回 徳島市野上彰詩碑

22

川端康成文学碑第六回 静岡県賀茂郡河津町湯ヶ野

23

川端康成文学碑第五回 京都市北区小野下ノ町北山グリーンガーデン

24

島尾敏雄 「死の棘日記」を読むー日記の存在と「日記を欠いた年月」からみえてくるもの―1999駱駝

25

中野重治「美しい手紙」1992駱駝



トップへ   前のページ  次のページ  親ページへ