『群系』 (文芸誌)ホームページ 


同人の論文

リストには、論文以外に、【書評】・コラム類も含んでいます。テーマを掲出するためです。

他の方の論文一覧は、以下をクリック下さい。


             前のページ 次のページ 親ページへ


野寄 勉氏  (工事中 以下は旧版のものです)

No. 論文題名 //論文執筆者名 //掲載誌名
1 石川巧著『「国語」入試の近現代史』//野寄勉//群系 
2 森田たま「石狩少女(おとめ)」の初出から//野寄勉//群系 
3 西村賢太の慊(あきたりな)さ//野寄勉//群系 
4 長田幹彦の北海道取材―あなたに声をかけられたくて//野寄勉//芸術至上主義文芸 
5 伊藤桂一 平成期の戦記小説―死にきれないですよ、このままでは//野寄勉//群系 
6 『北の話』と伊藤桂一//野寄勉//芸術至上主義文芸 
7 伊藤桂一 一九七〇年代の戦記小説//野寄勉//群系 
8 津坂治男著『生誕二五〇年 津坂東陽の生涯』//野寄勉//群系 
9 特集・昭和のあゆみ 伊藤桂一の「源流へ」―病気と整体//野寄勉//群系 
10 伊藤桂一とハワイ//野寄勉//芸術至上主義文芸 
11 一九六〇年代の伊藤桂一―戦記作家としての軌跡//野寄勉//群系 
12 島はどう描かれたか//野寄勉//芸術至上主義文芸 
13 小林幸夫著『認知への想像力 志賀直哉論』//野寄勉//群系 
14 永井荷風//野寄勉//芸術至上主義文芸 
15 女髪考―『毛眼鏡の歌』などから//野寄勉//川端文学への視界 
16 一九五〇年代の伊藤桂一―〈世に出る〉にあたって//野寄勉//群系 
17 流通される文学//野寄勉//芸術至上主義文芸 
18 花崎育代著『大岡昇平研究』//野寄勉//群系 
19 広津柳浪「今戸心中」を読む―思いと身体は重ね、ずらされ//野寄勉//日本文学文化 
20 1945年 秋の廃都めぐり―あなたを待つてゐたのぢやない//野寄勉//川端文学への視界 
21 復員兵 伊藤桂一―既失のアルカディア//野寄勉//群系 
22 鄭勝云著『中野重治と朝鮮』//野寄勉//群系 
23 槙林滉二著『日本近現代文学の展開―志向と倫理』//野寄勉//群系 
24 林京子の「黄砂」―明治・大正・昭和の〈清〉をめぐって//野寄勉//群系 
25 長田幹彦『零落』―野寄の〈私〉//野寄勉//芸術至上主義文芸 
26 伊藤桂一の「終戦処理」―人情の原質//野寄勉//群系 
27 作家と万年筆―「小説現代」掲載のペリカン広告//野寄勉//群系 
28 槙林滉二著『北村透谷研究―絶対と相対との抗抵』//野寄勉//群系 
29 羨望される北川冬彦―梶井基次郎「詩集『戦争』」評//野寄勉//群系 
30 最後になにが残るのか―伊藤桂一の亡妹三部作//野寄勉//群系 
31 飯尾憲士を呼んだ声―「海の向うの血」による射出//野寄勉//芸術至上主義文芸 
32 覘望される占領―川端康成「再会」と〈神道指令〉//野寄勉//川端文学への視界 
33 削除される黙契―削除版「過去」について//野寄勉//群系 
34 怨ミハ晴ラシテハナラヌ伊藤桂一インパールの〈敵〉//野寄勉//群系 
35 荷風本渉猟 第四回 笹淵友一著『永井荷風―「堕落」の美学者』//野寄勉//群系 
36 菊田均著『なぜ「戦争」だったのか 統帥権という思想』//野寄勉//群系 
37 水に落ちた擲弾筒手―伊藤桂一「蛍の河」の水位//野寄勉//群系 
38 伊藤桂一の分担領域―「蛍の河」生成を通して//野寄勉//白山国文 
39 伊藤桂一が描くインパール戦//野寄勉//芸術至上主義文芸 
40 荷風本渉猟 第三回 森安理文著『永井荷風 ひかげの文学』//野寄勉//群系 
41 「中野正剛」火野葦平の描き方―跛行する「愚」//野寄勉//昭和文学研究 
42 大岡昇平、石原吉郎との対談―「名前の重さ」をめぐって//野寄勉//群系 
43 「戦争文学」の伐開路―伊藤桂一と古山高麗雄//野寄勉//芸術至上主義文芸 
44 三島由紀夫「橋づくし」を読む―贅なる他愛なさ//野寄勉//芸術至上主義文芸 
45 荷風本渉猟 第二回 種田政明氏の仕事//野寄勉//群系 
46 岡鬼太郎 後期花柳小説の筆法―「四つの袖」を読む//野寄勉//群系 
47 〔荷風本渉猟〕第一回 大野茂男著『荷風日記研究』//野寄勉//群系 
48 女装する文体―太宰治「十二月八日」を読む//野寄勉//芸術至上主義文芸 
49 大岡昇平『お艶殺し』を読む―“探す自分”への違和・親和//野寄勉//群系 
50 「それを云う代り」の文学―井伏鱒二『軍歌「戦友」』//野寄勉//芸術至上主義文芸 
51 大岡昇平『来宮心中』を読む―殺意と愛着//野寄勉//群系 
52 研究動向 大岡昇平//野寄勉//昭和文学研究 
53 大岡昇平 母恋いの系譜―「一寸法師後日譚」を視座として//野寄勉//群系 
54 井伏鱒二『花の町』論―軍政下の遠慮と屈託//野寄勉//芸術至上主義文芸 
55 折口信夫「新憲法」考―言葉の中の天皇//野寄勉//芸術至上主義文芸 
56 『清姫』考―伝奇される場所//野寄勉//群系 
57 迢空・飛行機・近代//野寄勉//芸術至上主義文芸 
58 大岡昇平・父のまなざし―『ミロンド島ふたたび』を視座として//野寄勉//群系 
59 大岡昇平「振分け髪」論―井戸の物語//野寄勉//芸術至上主義文芸 
60 大岡昇平「振分け髪」校異―書き残すというエクリチュール//野寄勉//群系 
61 大岡昇平「将門記」論―歴史記述の姿勢//野寄勉//芸術至上主義文芸 
62 特集・続・短詩型の文学 森鴎外『うた日記』―「過現未」論−内なる報復神//野寄勉//芸術至上主義文芸 
63 「とらんしつと」の汎力動詩―火野葦平の「山上軍艦」//野寄勉//芸術至上主義文芸 
64 西村亨著『折口学と折口名彙』//野寄勉//折口学と近代


トップへ   前のページ  次のページ  親ページへ