『群系』 (文芸誌)ホームページ 


同人の論文

リストには、論文以外に、【書評】・コラム類も含んでいます。テーマを掲出するためです。

他の方の論文一覧は、以下をクリック下さい。


             前のページ 次のページ 親ページへ


相馬明文氏  (工事中 以下は旧版のものです)


No. 論文題名 //論文執筆者名 //掲載誌名
1 研究余滴 太宰治の「庭」に芥川「庭」の影をみる―チェーホフを手がかりとして//相馬明文//郷土作家研究 
2 二つの「庭」―太宰治における芥川受容の一側面//相馬明文//解釈 
3 研究余滴 太宰治の直喩「死んだやうに」について//相馬明文//郷土作家研究 
4 太宰文学『狂言の神』の「死人のやうに」にみるアイデンティティ//相馬明文//解釈 
5 太宰治「夕闇」にゆらめく自意識//相馬明文//郷土作家研究 
6 太宰治 語りの視点と他者への意識―「ひとりごとのやうに」からのアプローチ//相馬明文//解釈 
7 太宰治「右大臣実朝」と芥川龍之介「地獄変」をめぐる表現の接点―〈語り手〉設定についての覚書//相馬明文//郷土作家研究 
8 太宰治の表現―「右大臣実朝」におけるあいまい表現の考察//相馬明文//郷土作家研究 
9 太宰治の表現―「月のない夜」の二重構造//相馬明文//郷土作家研究 
10 太宰治「月」の表現小考―「月のない夜」をめぐって//相馬明文//解釈 
11 太宰治の表現―「ひとりごとのやうに」小考//相馬明文//郷土作家研究 


 トップへ   前のページ  次のページ  親ページへ