『群系』 (文芸誌)ホームページ 


『輪舞』(澤田繁晴)の書評 

                              梶 葉子


                                     図書新聞 2006.12.2(土曜日)掲出





澤田繁晴 『輪舞 文学・美術散策』


   目 次


  不思議な「透明感」                   オノ・ヨーコ

  逆説の金閣                 三島由紀夫「金閣寺」

  民度の指標                         深沢七郎

  魯山人と富士                        魯山人 1

  反歌・魯山人の日本                    魯山人 2

  機あるいは有用と無用                  勝 海舟 1  

  反歌・勝 海舟と猫                    勝 海舟 2

  政治の季節                          魯 迅

  中空の闇                         中島敦「名人伝」

  狂気と救済                        レオナルドとムンク

  同化と錯誤                        マリリン・モンロー

  逆行と独創                       ジャスパー・ジョーンズ

  模倣と創造あるいは好悪と良否           北斎と寫ヨ

  古蹟と現代                       広沢虎造「清水次郎長伝」

  華やぐ命                               岡本かの子

  挑戦する魂                             岡本太郎

  世紀の懸橋                            ビアズリー

  神への断念                          村上華岳

  不易と流行                       ココ・シャネル

  擬装された内面                      セザンヌ

  単純さの力                       マティス

  スペインの妾、人類の妾                ゴヤ

  人間の業、神の業                   棟方志功

  闇の狩人                        梶井基次郎

  書くこと、生きること                   室生犀星

  歳旦譜 二題                    金子みすず

  酒   五題

                               審美社刊・本体価格二千五百円




    トップへ   前へ   冒頭へ   次へ