『群系』 (文芸誌)ホームページ 


同人の論文

リストには、論文以外に、【書評】・コラム類も含んでいます。テーマを掲出するためです。

他の方の論文一覧は、以下をクリック下さい。


             前のページ 次のページ 親ページへ



土倉ヒロ子氏


No.論文・コラム題名  //掲載誌名・号数//発行年月

 1  《特集 戦争と文学》堀田善衛「広場の孤独」小論// 群系27号 //2011.7.

 2  【書評】間島康子詩集『ねう』// 群系27号 //2011.7

 3  【書評】乾夏生著『父の声 路上の母』−こいつ眠ってやがるー//木偶81号//2011.5

 4  円地文子「寒流」「社会記事」(作品解説) //事項「色」//

                                『円地文子事典』鼎書房刊//2011.4

 5  《映画ノート》『蒲田行進曲』―これぞ映画// 群系26号//2010.12

 6  村上春樹『1Q84』 現代の孤児たち// 群系25号//2010.7.

 7  【書評】永島貴吉著『千住の庄三 捕り物控 菊花の約』―異色の捕り物帳//

                                群系 25号// 2010.7

 8  特集〈私の好きな音楽〉プッチーニ作曲 オペラ「トスカ」より・テノールのアリア『星も光りぬ』 //

                               群系24号//2009.12

 9  特集「私」の好きな詩 中原中也 「冬の長門峡」//群系23号//. 2009.7

10  長嶋有『猛スピードで母は』と『ジャージの二人』―団塊世代の親子関係 //

                               群系22号//2008.12.

11  高橋たか子『怒りの子』考 憎悪の構図 //

                              芸術至上主義文芸33号// 2008.11.

12   《映画ノート》山田洋次監督「母べえ」//群系 21号// 2008.7.

13  特集・昭和のあゆみ 『迷路』野上弥生子著―作品から読み取る戦争への道 //

                              群系20号// . 2007.11

14 《特集 世界文学》ヘルマン・ヘッセ(独)「車輪の下」―世界を知り始める頃に//

                              群系19号// 2006.12

15  粒来哲蔵『島幻記』を読む―島―そのエロス的なもの  //

                              芸術至上主義文芸32号// 2006.11. 

16  柴田翔「されど われらが日々」― 一九五〇年代の青春 //群系18号//  2005.12

17   《特集芥川賞この十年》一二二回(一九九九下半期)  玄月 「蔭の棲みか」//

                              群系17号//2004.1

18   三田英彬著『菜の花畑に入り日うすれ 童謡詩人としての高野辰之』 //

                              芸術至上主義文芸29号//  2003.11.

19   梶井文学の光と影 //土倉ヒロ子 //群系15号/  2002..10.

20   石川淳『裸婦変相』論//『石川淳研究』(三弥井書店)所収//1991.11

21  村上春樹「ノルウェイの森」論―死の季節の予感―// 群系2号//1989.8

22  谷崎潤一郎と宮澤賢治//新批評 近代日本文学の構造 

                              第3巻『近代文学の風土』(国書刊行会)所収//1980.3


           前のページ 次のページ 親ページへ




 同人のプロフィル










 
 土倉ヒロ子氏