『群系』 (文芸誌)ホームページ 

1967-2000年の出来事・年表(29号特集)



       2012年2月27日作成

   


 29号の特集の一つは、「百年の日本文学」シリーズとして、二〇世紀の最後の三分の一、「1967-2000年」の文芸作品を扱います。

表の項目中、「ベストセラー」とある作品でもいいですが、「話題の文芸作品」(仮題)などから、作品論をお願い出来たらと思います。
 
特集は、最低2p(見開き)です。推奨は4-6pですが、それ以上の長いもの、あるいは作家論、作品をからめた時代状況論は歓迎です。

              

西暦 元号 事件 ベストセラー 話題の文芸作品
1967 昭和42 美濃部亮吉都知事初当選 頭の体操・多胡輝 レイテ戦記 大岡昇平 1月

佐藤栄作 イタイイタイ病・阿賀野川水銀中毒 華岡青洲の妻・有吉佐和子 火垂るの墓 野坂昭如 10月


四日市ぜんそく訴訟 幻の邪馬台国・宮崎康平 気違ひマリア 森茉莉 12月





1968 昭和43 川端康成ノーベル文学賞 10・17 どくとるマンボウ青春期 海市 福永武彦 1月

佐藤栄作 新宿騒乱事件 10・21 龍馬がゆく1〜5巻・司馬遼太郎 輝ける闇 開高健 4月


三億円事件 12・10 民法入門・佐賀潜 三匹の蟹 大庭みな子





1969 昭和44 東大安田講堂、警官隊 1・18 都市の論理・羽仁五郎 赤頭巾ちゃん気をつけて 庄司薫

佐藤栄作 人類初の月面着陸 7・21 赤頭巾ちゃん気をつけて 庄司薫 さびしい王様 北杜夫


新宿西口反戦フォークに警官6・28 知的生産の技術・梅棹忠夫 アカシヤの大連 清岡卓行





1970 昭和45 万博開催・3・14 冠婚葬祭入門・塩月弥栄子 杳子 古井由吉 8月

佐藤栄作 歩行者天国始まる 8・2 誰のために愛するか・曾野綾子 試みの岸 小川国夫 10月


三島事件 11・25 スパルタ教育・石原慎太郎 司令の休暇 阿部昭 12月





1971 昭和46 成田空港強制代執行 2・25  日本人とユダヤ人 ベンダサン 狂風記 石川淳 2月

佐藤栄作 天皇皇后ヨーロッパ親善訪問9月 二十歳の原点・高野悦子 砧をうつ女 李恢成 7月


ドルショック 円切り上げ 308円に 戦争を知らない子供たち 北山修 オキナワの少年 東峯夫 12月





1972 昭和47 浅間山荘事件 恍惚の人・有吉佐和子 手鎖心中 井上ひさし 3月

佐藤栄作 沖縄返還 坂の上の雲・司馬遼太郎 誰かが触った 宮原昭夫 4月

田中角栄 日中国交正常化 女の子の躾け方・浜尾実 たた一人の反乱 丸谷才一 4月





1973 昭和48 日航機ハイジャック 日本沈没・小松左京 箱男 安部公房 3月

田中角栄 金大中事件 ぐうたら人間学・遠藤周作 月山 森敦 7月


オイルショック 華麗なる一族・山崎豊子 草のつるぎ 野呂邦暢 12月





1974 昭和49 三菱重工爆破事件 かもめのジョナサン 没落風景 高橋たか子 4月 

田中角栄 佐藤栄作ノーベル賞 ノストラダムスの大予言・五島勉 十九歳の地図 中上健次

三木武夫 田中首相金脈問題で辞意 どてらい男・花登筺  あの夕陽 日野啓三 9月





1975 昭和50 新幹線博多まで開業 3・10 複合汚染・有吉佐和子 時に佇つ 佐多稲子 1〜12月

三木武夫 ベトナム戦争終結 34・30 眼がどんどんよくなる ハロルド 祭りの場 林京子 6月


沖縄海洋博開幕 7・19 収容所列島 ソルジェニーツィン 光匂い満ちてよ 立松和平 10月





1976 昭和51 鹿児島で五つ子誕生 1・31 限りなく透明に近いブルー 村上龍 流離譚 安岡章太郎 3月

三木武夫 田中逮捕 ロッキード事件 7・27 不毛地帯 山崎豊子 枯木灘 中上健次 10月

福田赳夫 ソ連ミグ25函館空港に強制着陸 
9・6
火宅の人 檀一雄 北帰行 外岡秀俊 12月





1977 昭和52 有珠山が大爆発 8・7 ルーツ 上・下 A/ヘイリ― 五月巡歴 黒井千次 2月

福田赳夫 日本赤軍が日航機ハイジャック 
10・24(「超法規的措置」)
エーゲ海に捧ぐ 池田満寿夫 僕って何 三田誠広 4月



深代惇郎の天声人語 上・下 海の向こうで戦争が始まる 村上龍5月





1978 昭和53 新東京国際空港(成田空港)開港 
5・20
和宮様御留 有吉佐和子 食卓のない家 円地文子 2月

福田赳夫 宮城県沖地震 6・12 不確実性の時代 ガルブレイス 葡萄畑 高橋三千綱 8月

大平正芳 ネズミ講防止法成立 10・18 海を感じる時 中沢けい 麦熟るる日に 8月





1979 昭和54 国公立大学共通一次試験 1・13 天中殺入門 和泉宗章 神の汚れた手 曾野綾子 1-12月

大平正芳 米スリーマイル島原発事故 3・28 四季・奈津子 五木寛之 血族 山口瞳 1月


ソ連、アフガニスタン侵攻 12・27 もう頬づえはつかない 見延典子 モッキングバードのいる町 森禮子





1980 昭和55 光州事件(韓国反政府デモ弾圧)5・
25
シルクロード(日本放送出版協会) 兵隊宿 竹西寛子 3月

大平正芳 新宿バス放火事件 8・19 ノストラダムスの大予言U 五島勉 春の道標 黒井千次 11月

鈴木善幸 イランイラク戦争勃発 9・22(1988
停戦)
蒼い時 山口百恵 なんとなく、クリスタル 田中康夫12月





1981 昭和56 中国残留孤児初来日  3・2 窓際のトットちゃん 黒柳徹子 吉里吉里人 井上ひさし 8月

鈴木善幸 パリ人肉事件 6・25 人間万事塞翁が丙午 青島幸男 ながい旅 大岡昇平 9-12月


北炭夕張炭鉱惨事(93人死)10・16 私家版日本語文法 井上ひさし アイコ十六歳 堀田あけみ 12月





1982 昭和57 ホテルニュージャパン火災(33人
死)
悪魔の飽食 森村誠一 羊をめぐる冒険 村上春樹 8月

鈴木善幸 フォークランド紛争 4・2 気くばりのすすめ 鈴木健二 裏声で歌へ君が代 丸谷才一

中曽根康弘 長崎集中豪雨(死者295人) 7・23 峠の群像 堺屋太一 佐川君からの手紙





1983 昭和58 東京ディズニーランド開園 4・15 積木くずし 穂積隆信 波打つ土地 富岡多恵子 4月

中曽根康弘 サラ金規制2法案成立 4・28 探偵物語 赤川次郎 優しいサヨクのための嬉遊曲 島田雅彦 6月


大韓航空機撃墜事件(ソ連機攻撃)
9・1
ひとひらの雪 渡辺淳一 光抱く友よ 高橋のぶ子 12月





1984 昭和59 三井三池有明火災(83人死)1・18 天璋院篤姫 宮尾登美子 冷い夏、熱い夏 吉村昭 7月

中曽根康弘 グリコ森永事件(社長誘拐)3・18 伝われ愛 中島みゆき 静かな午後 辻井喬 8月


世田谷で通信ケーブル火災オンラ
イン不通
三毛猫ホームズ 赤川次郎 方舟さくら丸 安部公房 11月






1985 昭和60 つくば科学万博開幕 3・16 豊臣秀吉上下 堺屋太一 風の盆恋歌 高橋治 4月

中曽根康弘 NTT、JT発足 4・1 アイアコッカわが闘魂の経営 
アイアコッカ(クライスラー会長)
夢の島 日野啓三 7月


日航ジャンボ墜落(520人死)8・12 真田太平記 池波正太郎 過越しの祭 米谷ふみ子 7月





1986 昭和61 米スペースとレンジャー爆発 1・28 化身 上下 渡辺淳一 眉雨 古井由吉 2月

中曽根康弘 チェルノブイリ原発事故 4・26 知価革命 堺屋太一 吉原御免状 隆慶一郎 2月


社会党土井たか子委員長選出9・6 大前研一の新・国富論 蝶々の纏足 山田詠美 12月





1987 昭和62 JR(国鉄分割民営化)スタート 4・1 サラダ記念日 俵万智 文学部唯野教授 6月〜

中曽根康弘 朝日新聞阪神支局に発砲 5・3 塀の中の懲りない面々 安部譲二 ノルウェイの森 村上春樹 9月刊

竹下登 利根川進ノーベル生理学賞 10・12 MADE IN JAPANN 盛田昭夫 夜のロボット 増田みず子 12月





1988 昭和63
瀬戸大橋開通(児島―坂出) 4・10 こんなにやせていいかしら川津祐介 そうかもしれない 耕治人 2月

竹下登 リクルート疑惑 7・6 ゲームの達人 シドニー・シェルダン 優雅で感傷的な日本野球 高橋源一郎 3月


なだしお事故 7・23 裕さん、抱きしめたい 石原まき子 由煕 李良枝 11月





1989 平成元年 昭和天皇崩御 87歳 1・7 TUGUMI・キッチン 吉本ばなな 高円寺純情商店街 ねじめ正一 2月

竹下登
宇野宗佑
一般消費税スタート 4・1 時間の砂 シドニー・シェルダン 仮往生試伝 古井由吉 9月

海部俊樹 天安門事件 6・4 
ベルリンの壁崩壊11・9
白河夜船 吉本ばなな 表層生活 大岡玲 12月






1990 平成2年 大阪「花の万博」開幕 4・1 愛される理由 二谷友理恵 久間十義 『世紀末鯨鯢記』 

海部俊樹 バブル崩壊(日経平均2万円割れ)
 10・1
「NO」と言える日本 盛田昭夫 後藤明生 『スケープゴート』


統一ドイツ誕生 10・3 文学部唯野教授 筒井康隆 辻原登 『村の名前』





1991
平成3年
湾岸戦争勃発  1・17 Santa Fe 宮沢りえ写真集  奥泉光 『葦と百合』『暴力の舟』

海部俊樹 雲仙普賢岳で火砕流発生 5・23 もものかんづめ さくらももこ 大江 『僕が本当に若かった頃』

宮澤喜一 ソ連崩壊 8・24 だから私は嫌われる ビートたけし 辺見庸『自動起床装置』『迷い旅』





1992
平成4年
牛肉・オレンジ輸入自由化 4・1 真夜中は別の顔 S・シェルダン 村上春樹『国境の南、太陽の西』

宮澤喜一 PKO協力法成立 6・15 *きんさんぎんさん 中上健次『軽蔑』


佐川急便事件(金丸副総裁辞任)
10・14
*尾崎豊急死 立松和平「雷神鳥」





1993
平成5年
釧路沖地震 M7.8 死者2人 1・15 磯野家の謎(サザエさん学会編) 遠藤周作『深い河』

宮澤喜一 皇太子・雅子結婚の儀 6・9 清貧の思想 中野孝次 池澤夏樹『マシアス・ギリの失脚』

細川護煕 細川内閣(55年体制崩壊)8・9 日本改造計画 小沢一郎 奥泉光
『ノヴァーリスの引用』『石の来歴』





1994 平成6年 松本サリン事件 6・27 マディソン郡の橋 R・J・ウォーラー 笙野頼子
「タイムスリップ・コンビナート」
  細川護煕&#
8594;羽田
村山連立内閣発足 6・30 遺書 松本人志 室井光弘「おどるでく」

村山富市 大江健三郎ノーベル賞 大往生 永六輔 古山高麗雄氏『セミの追憶』





1995
平成7年 阪神淡路大震災 1・17 ソフィーの世界 ヨースタイン 村上春樹 『ねじまき取りクロニクル』

村山富市 地下鉄サリン事件 3・20 幸福の科学興国論 大川隆法 保坂和志 『この人の域』


オウム真理教麻原彰晃逮捕 5・16 *ああ言えば上祐(史浩) 又吉栄喜 『豚の報い』





1996 平成8年 北海道豊浜トンネル崩落(死者20) 脳内革命 春山茂雄 金石範『火山島』

橋本龍太郎 病原性大腸菌O-157食中毒 7月 「超」勉強法 野口悠紀雄 加賀乙彦『永遠の都』


ペルー日本大使公邸人質事件 
12・17
弟 石原慎太郎 川上弘美『蛇を踏む』





1997 平成9年 消費税5%に引き上げスタート 4・1 失楽園(上・下) 渡辺淳一 阿部和重
『インディビジュアル・プロジェクション』

橋本龍太郎 酒鬼薔薇聖斗事件 6・28 少年H(上・下) 妹尾河童 小島信夫『うるわしき日々』


地球温暖化防止京都会議 12月 鉄道員 浅田次郎 小田実『大阪シンフォニー』





1998 平成10年 キトラ古墳に星宿図3月 明石海峡
大橋4月
幸福の革命 大川隆法 高村薫「レディー・ジョーカー」

橋本龍太郎 和歌山カレー毒物事件 7・25 大河の一滴 五木寛之 桐野夏生「OUT(アウト)」

小渕恵三 北朝鮮ミサイル・テポドン
 が三陸沖に着水8月
他人をほめる人けなす人
 アルベローニ
車谷長吉 赤目四十八瀧心中未遂





1999 平成11年 NTT分割(3地域会社)発足 7・1 五体不満足 乙竹洋匡 江藤淳 妻と私・幼年時代

小渕恵三 通り魔事件 池袋9・8 下関 9・29 日本語練習長 大野晋 古山高麗雄 フーコン戦記


東海村核燃料工場で初の
臨界事故 9・30
本当は恐ろしいグリム童話 
          桐生操
村上龍 共生虫






2000 平成12年 新潟で9年間監禁少女保護 1・28 だから、あなたも生きぬいて
        大平光代
飯嶋和一 始祖鳥記 

小渕恵三 介護保険制度スタート 4・1 ハリーポッターと秘密の部屋
        ローリング
玄月 蔭の棲みか

森 喜朗 白川英樹ノーベル賞 10月
重信房子逮捕 11月
プラトニッく・セックス 飯島愛 黒井千次 羽根と翼








          参考:『日本近代文学史年表』(小田切進編・小学館 1993年12月刊)−1067〜1989年

            『文芸年鑑』(日本文芸家協会編・新潮社刊行)各年度刊−1990〜2000年

              『自分史年表』(藤田啓治監修 出窓社 2005年6月刊)

    



 トップへ    前のページ(29号募集要項)へ