『群系』 (文芸誌)ホームページ 

35号特集 資料  当該文学全集紹介





新鋭作家叢書 全19巻(河出書房新社1972年) CINIから

 *この叢書は、初めて〈内向の世代〉をシリーズとすて出したものとされる。


関連文献:19件中 1-19を表示

1 小田 実集   河出書房新社 1972新鋭作家叢書 所蔵館65館

2 古山高麗雄集 河出書房新社 1972新鋭作家叢書 所蔵館61館

3 丸谷才一集   河出書房新社 1972.4新鋭作家叢書 所蔵館64館

4 大庭みな子集 河出書房新社 1972新鋭作家叢書 所蔵館66館

5 李恢成集     河出書房新社 1972.2新鋭作家叢書 所蔵館75館

6 後藤明生集    河出書房新社 1972新鋭作家叢書  所蔵館65館

7 高井有一集    河出書房新社 1972新鋭作家叢書  蔵館60館

8 金鶴泳集       私製新鋭作家叢書 所蔵館2館

9 田久保英夫集 河出書房新社 1972新鋭作家叢書  所蔵館64館

10 金鶴泳集       河出書房新社 1972新鋭作家叢書 所蔵館58館

11 黒井千次集   河出書房新社 1972新鋭作家叢書 所蔵館65館

12 阿部昭集    河出書房新社 1972新鋭作家叢書  蔵館62館

13 佐木隆三集   河出書房新社 1972新鋭作家叢書 所蔵館59館

14 丸山健二集   河出書房新社 1972新鋭作家叢書 所蔵館64館

15 坂上弘集      河出書房新社 1972新鋭作家叢書 所蔵館67館

16 辻邦生集      河出書房新社 1971新鋭作家叢書 所蔵館67館

17 小川国夫集   河出書房新社 1971新鋭作家叢書 所蔵館64館

18 真継伸彦集   河出書房新社 1971新鋭作家叢書 所蔵館64館

19 古井由吉集   河出書房新社1971新鋭作家叢書 所蔵館68館



  戻る(35号募集要項・特集アピール文へ)      トップへ





講談社刊 「現代の文学」 全39巻 別巻  1978年刊  巻末に作家論が付いています


現代の文学 1  野間 宏  1 崩解感覚  2 顔の中の赤い月 3 真空地帯 4 暗い絵

現代の文学 2  武田泰淳  1 森と湖のまつり 2 わが子キリスト  3 揚州の老虎

現代の文学 3  埴谷雄高 椎名麟三

            埴谷雄高 1 死霊 2 巻末作家論 立石伯

                  椎名 麟三 3 永遠なる序章  4 深夜の酒宴  5 媒妁人 6 巻末作家論 岡庭昇

現代の文学 4  花田清輝  1 鳥獣戯画  2 俳優修業 3 小説平家 4 画人伝 5 初期短編 6 七 7 悲劇について    巻末作家論  磯田 光一

現代の文学 5  梅崎春生  1 日の果て 2 蜆 3 飢えの季節 4 黄色い日日 5 輪唱 6 Sの背中 7 砂時計  8 庭の眺め 9 仮象 10 幻化 11 巻末作家論 後藤明生

現代の文学 6  大岡昇平  1 武蔵野夫人  2 野火 3 朝の歌 4 在りし日の歌 5 将門記 6 天誅組 7 挙兵

現代の文学 7  福永武彦  1 風土  2 深淵 3 夜の時間 4 幼年

現代の文学 8  木下順二 中村真一郎

                    木下順二 1 無限軌道  2 沖縄  3 オットーと呼ばれる日本人  4 巻末作家論  渡辺広士                  

           中村真一郎  5 死の影の下に   6 遠隔感応 7 天使の生活  8 まことの恋   9 巻末作家論 白川正芳

現代の文学 9  杉浦明平 深沢七郎

                    杉浦明平   1 ノリソダ騒動記    2 町長のクビが落ちるまで  3 椿園記   4 妖怪譚    5 巻末作家論   石田 郁夫       

           深沢 七郎  6 楢山節考  7 笛吹川  8 東京のプリンスたち      9 巻末作家論    磯田光一

現代の文学 11 三島由紀夫  1 仮面の告白  2 禁色 3 真夏の死 4 蘭陵王

現代の文学 12 井上靖 1 猟銃  2 闘牛 3 楼蘭 4 おろしや国酔夢譚 5 花の下 6 月の光 7 墓地とえび芋 8 巻末作家論   奥野 健男

現代の文学 13 安部公房  1 他人の顔  2 第四間氷期 3 友達 4 榎本武揚  

現代の文学 14 堀田善衛  1 記念碑  2 奇妙な青春 3 歯車 4 河

現代の文学 15 島尾敏雄  1 砂嘴の丘にて  2 いなかぶり  3 勾配のあるラビリンス 4 宿定め  5 冬の宿り  6 市壁の町なかで 7 摩天楼  8 夢の中での日常   9 鬼?げ

                                   10 島へ  11 島の果て  12 孤島夢  13 徳之島航海記  14 アスファルトと蜘蛛の子ら  15 出孤島記  16 夜の匂い  17 闘いへの怖れ  18 廃址                              19 出発は遂に訪れず  20 坂道の途上で 21 死の棘  22 日は日に  23 家の中 24 ねむりなき睡眠  25 のがれ行くこころ  26 巻末作家論 饗庭孝男

現代の文学 16  小島信夫 1 抱擁家族  2 島  3 汽車の中  4 馬  5 憂い顔の騎士たち  6 音  7 愛の完結  8 広い夏 9 城壁  10 女の帽子  11 手紙相談

                                    12 危険な関係   13 巻末作家論  大橋健三郎"

現代の文学 17  安岡章太郎  1 遁走  2 舌出し天使  3 海辺の光景  4 幕が下りてから  5 ガラスの靴   6 悪い仲間

現代の文学 18  庄野潤三  1 結婚  2 静物  3 鳥  4 佐渡  5 秋風と二人の男   6 まわり道  7 絵合せ  8 つむぎ唄  9 前途  10 巻末作家論  饗庭 孝男

現代の文学 19  吉行淳之介  1 暗室  2 ?の中  3 娼婦の部屋  4 鳥獣虫魚  5 青い花  6 赤い歳月  7 砂の上の植物群  8 星と月は天の穴

現代の文学 20  遠藤周作  1 沈黙  2 白い人  3 黄色い人  4 青い小さな葡萄  5 海と毒薬 6 男と九官鳥  7 四十歳の男  8 巻末作家論  武田 友寿

現代の文学 21  阿川弘之 三浦朱門

                      阿川 弘之  1 蝙蝠    2 煙管    3 クレヨンの絵  4 青葉の翳り   5野におけ 6 空港風景   7 舷灯   8 巻末作家論  入江 隆則  

             三浦朱門   9 箱庭   10 バベルの塔   11 巻末作家論 福田 宏年

現代の文学 22  長谷川四郎 開高健

                      長谷川 四郎  1 鶴    2 シベリヤ物語    3 無名氏の手記より   4阿久正の話   5 巻末作家論  内村 剛介          

                開高 健 6 青い月曜日    7 巻末作家論  佐々木基一

現代の文学 23  瀬戸内晴美 曾野綾子 

            瀬戸内晴美 1 夏の終り     2 みれん  3 死せる湖     4 予兆    5 吊橋のある駅    6 蘭を焼く     7 ふたりとひとり     8 巻末作家論   亀井 秀雄

               曽野綾子    9 弥勒   10 海の庭  11 只見川  12 一条の光  13 落葉の声   14 殉死    15 夢のタンゴ  16 平野さんの松   17 星との語らい

                                      18 巻末作家論  松原 新一

現代の文学 24  井上光晴  1 階級  2 他国の死

現代の文学 25  吉本隆明  1 共同幻想論   2 高村光太郎  3 高村光太郎小論集  4 マチウ書試論  5 丸山真男論 6 転向論  7 埴谷雄高  8 巻末作家論  毛利 ユリ

現代の文学 26  石原慎太郎  1 ファンキー・ジャンプ  2 死の博物誌  3 星と舵  4 待伏せ  5 鎖のついた椅子  6 巻末作家論  入江 隆則

現代の文学 27  江藤  淳  1 成熟と喪失  2 夏目漱石  3 アメリカと私  4 西ヨーロッパの旅 5 ニュージーランド紀行  6 エデンの東にて  7 巻末作家論  古山 高麗雄

現代の文学 28  大江健三郎 1 不意の唖  2 人間の羊  3 後退青年研究所 4 不満足  5 セヴンティーン  6 空の怪物アグイー 

                                      7 万延元年のフットボール  8 狩猟で暮したわれらの先祖  9 巻末作家論  長田 弘/著 "

現代の文学 29  小田 実  1 泥の世界  2 が島  3 平和の倫理と論理  4 ふたたび  5人間について 6 「ガダルカナル」と「ベトナム」  7 巻末作家論  松原新一

現代の文学 30  北 杜夫 三浦哲郎 

            北 杜夫   1 幽霊    2 河口にて   3 黄いろい船   4 どくとるマンボウ昆虫記   5 巻末作家論  秋山駿 

             三浦哲郎  6 忍ぶ川    7 恥の譜   8 初夜   9 幻灯画集   10 草の宴   11 結婚   12 野の声  13 蜂   14 乳房   15 ある外套の話  16 巻末作家論  進藤純孝

現代の文学 31  高橋和巳  1 日本の悪霊  2 堕落  3 散華  

現代の文学 32  倉橋由美子  1 蛇  2 どこにもない場所  3 ヴァージニア  4 スミヤキストQの冒険  5 白い髪の童女  6 巻末作家論  森川 達也

現代の文学 33  河野多恵子 大庭みな子

             河野 多恵子  1 美少女    2 蟹    3 最後の時  4 不意の声   5 たたかい  6 骨の肉  7 胸さわぎ  8 巻末作家論  上田 三四二

                     大庭 みな子  9 三匹の蟹    10 火草   11 幽霊達の復活祭   12 桟橋にて   13 首のない鹿   14 胡弓を弾く鳥    15 巻末作家論 大橋健三郎

現代の文学 34  柴田 翔 丸谷才一 柏原兵三 田久保英夫 

                      柴田 翔  1 師の恩    2 贈る言葉    3 ロクタル管の話   4 食堂の話    5 巻末作家論  松原 新一

                  丸谷 才一   6 年の残り     7 贈り物     8 中年    9 巻末作家論  亀井 秀雄

                   柏原 兵三 10 徳山道助の帰郷    11 クラクフまで    12 毛布譚   13 巻末作家論  小堀 桂一郎

                田久保英夫 14 解禁    15 深い河 16 樹下再訪     17 巻末作家論饗庭 孝男

現代の文学 35  古山高麗雄 清岡卓行 阿部昭 坂上弘 

                       古山高麗雄  1 墓地で   2 白い田圃   3 プレオー8の夜明け     4湯タンポにビールを入れて   5 巻末作家論  小島 信夫

                      清岡卓行    6 朝の悲しみ   7 アカシヤの大連   8 フルートとオーボエ    9 巻末作家論  三木 卓

                      阿部 昭      10 司令の休暇     11 明治四十二年夏   12 巻末作家論  入江 隆則

                      坂上 弘     13 春の埋葬     14 野菜売りの声    15 ある秋の出来事  16 日々の収拾   17 巻末作家論  川村 二郎

現代の文学 36  古井由吉 李恢成 丸山健二 高井有一

                     古井 由吉 1 先導獣の話     2 雪の下の蟹    3 妻隠   4 巻末作家論  平岡 篤頼

                    李 恢成     5 われら青春の途上について    6 証人のいない光景    7武装するわが子   8 巻末作家論  上田 三四二

                       丸山 健二   9 朝日のあたる家    10 巻末作家論  黒井 千次

                       高井 有一  11 北の河    12 少年たちの戦場    13 巻末作家論 大岡 信

現代の文学 37  黒井千次 清水邦夫 小川国夫 後藤明生

                      黒井 千次  1 時間    2 騎士グーダス  3 花を我等に  4 巻末作家論 上田 三四二 

                    清水 邦夫   5 狂人なおもて往生をとぐ     6 署名人   7 巻末作家論  大島 勉

                   小川 国夫  8 エリコへ下る道     9 アポロンの島    10 動員時代   11 大きな恵み    12 巻末作家論  亀井秀雄

             後藤明生  13 書かれない報告    14 ああ胸が痛い  15 笑い地獄    16 巻末作家論  平岡篤頼

現代の文学 38  戦後 T

                       1 トカトントン  太宰 治

                       2 白痴  坂口 安吾

                       3 世相  織田 作之助

                       4 さようなら 田中英光

                      5 夏の光  原 民喜

              6 脱出  駒田信二

                       7 触手  小田 仁二郎

                     8 朴歯の下駄  小山 清

                      9 消滅  竹田敏行

                    10 C町でのノート  西野 辰吉

                  11 蓮花照応  石上 玄一郎

                     12 穴の底  伊藤人誉

                    13 朴達の裁判  金 達寿

           14帝国軍隊に於ける学習・序   序  富士 正晴

             15 マルと弥平  きだ みのる

                    16 巻末作家論  松原 新一

現代の文学 39  戦後 U

            1 出廷拒否  田所 泉/著  

             2 フォード・一九二七年 小林 勝/著

                       3 解体以前  垣花 浩濤/著

                       4 海岸公園  山川 方夫/著

                       5 虜囚の哭  霜多 正次/著

                       6 黒と白の猫  小沼 丹/著

                       7 亀甲墓 大城 立裕/著

                       8 北の岬 辻 邦生/著

                       9 鴉の死 金 石範/著

                      10 アメリカひじき  野坂 昭如/著

                      11 気違いマリア 森 茉莉/著

                      12 くさびら譚  加賀 乙彦/著

                      13 小さき町より  なだ いなだ/著

                      14 巻末作家論  磯田 光一/著 "

現代の文学 別巻  戦後日本文学史・年表 





戻る(35号募集要項・特集アピール文へ)      トップへ