『群系』 (文芸誌)ホームページ 

「群系」35号 投稿・投稿見込み



「群系」35号         二〇一五年 秋 《予定)


     目  次 (仮)        ページ(見込み含む)

特集 《内向の世代-昭和戦後の文学 その2》


高度成長下の文学(仮題)4

小川国夫「アポロンの島」論6

後藤明生8

黒井千次4

阿部昭6

坂上弘6

古井由吉6

大庭みな子6

高井有一「北の河」(予定)2

日野啓三『あの夕陽』―日常を侵す空虚について-4

小川国夫5

秋山駿3


《同世代の作家たち》

鮎川信夫について4

古山高麗雄と雲南戦場2

菊村到「硫黄島」2

原田康子「挽歌」2

三浦綾子『氷点』『続・氷点』2

杉本苑子4

野呂邦暢「草のつるぎ」3

竹西寛子「儀式」「鶴」4

野坂昭如「火垂るの墓」「アメリカひじき」4

五木寛之「風の王国」の地下に潜むもの3


特集U 《戦後の日本映画》

「白痴」について2

「秋刀魚の味」2

佐分利信2

戦後の邦画事情 その2   2

映画『どん底』ゴーリキーに浸る。  2

戦後〈1945ー1946年〉公開作品2

(音楽ノート)1

(読書ノート)1

〈演奏ノート〉1


《自由論考》

島尾敏雄「死の棘」論 連載28

大岡昇平「俘虜記」と「パルムの僧院」8

浜口國雄10

伊藤桂一の「分屯地への旅」 ―三つの志願― 5

農民文学千葉支部メンバーの作品概評13

リルケの『ロダン』5

石原吉郎の詩集『禮節』と随筆「辞書をひるがえす風」7

永井荷風 最後の小説「晩酌」5

シャーキャ・ノオト 原始仏教残影 8(最終回) 

地動海鳴 その8   4

村上春樹 再読(4)―『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』10


《創作》

会長フアイル3 「十五万市民の中には」 19

創作8

創作8



* 2015/9/9現在。原稿締切は9月末、刊行は11月初旬の予定です。

   

 

 

   戻る(35号募集要項・特集アピール文へ)      トップへ